小山薫堂(コヤマクンドウ)の京都自宅と実家が凄い!愛車やスマホ紛失事件がヤバイ!?

こんにちは。くるみぃです。

小山薫堂(こやま くんどう)さんって放送作家で脚本家でラジオ番組のパーソナリティもやってるんですよね。

他にも会社を経営していたり、大学の教授もされているようで凄いですよね~(*゚▽゚)ノ

そんな小山さんのご自宅ってきっと凄いんだろうなぁ~とかご実家も凄いのかな?って興味が湧いてきますね。

今回は気になる小山薫堂さん情報を色々調べてみましたよ(*’∀’人)

小山さんの噂の愛車の驚きエピソードや、スマホ紛失事件の結末など盛りだくさん♪

また、小山さんのヒット企画番組の「カノッサの屈辱」の動画映像をみつけたので載せておきますよ!

初めてみましたがコレは面白い(灬º 艸º灬)

スポンサーリンク


小山薫堂(こやま くんどう)さんってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Premium Japan(@premium.japan)がシェアした投稿

まずは、小山 薫堂さんってどんな人なのか?

何をやっている方なのか?という疑問から。

小山 薫堂さんって色々なところでお見かけます。

テレビや
ラジオ
ニュースなど。

ということで、小山さんのプロフィールを改めて調べてみました。

因みに薫堂(くんどう)さんというお名前は本名だそうで、お父様が付けて下さったそうですよ(´∇`)

名前 小山 薫堂(こやま くんどう)
職業 放送作家・脚本家・ラジオパーソナリティ
生年月日 1964年6月23日
出身 熊本県本渡市(現在の天草市)
中学 天草市立本渡中学校
高校 熊本マリスト学園高等学校
大学 日本大学藝術学部放送学科
株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ 代表取締役社長 ブランドプロデュース
ブランドデザイン会社
N35インターナショナル株式会社 代表 放送作家事務所
株式会社下鴨茶寮 代表取締役社長
京都老舗茶寮(さりょう)
京都造形芸術大学 副学長・芸術学部教授 芸術大学
東北芸術工科大学 前教授 芸術大学

 

めちゃくちゃ色々なことをされてますね!|゚Д゚)))

放送作家や脚本家としてだけでなく、ラジオのパーソナリティとしてラジオ番組に出演されていたり、社長業や事務所代表もされながら、芸術大学の教授等々凄い方だなってのが、このプロフィールだけでも分かりますね。

そして、熊本ご出身ですが、熊本と言えば私も大好きくまモン!(☆∀☆)

 

この投稿をInstagramで見る

 

kumamon mon312(@kumamon_mon312)がシェアした投稿

 

実は、小山さんがプロデュースをされていたそうです♬(ノ゜∇゜)ノ♩

くまモン何もしなくても可愛いですが、ここまで全国的・爆発的に人気に火がついたのには、小山さんのプロデュース力があったんですね(*´д`*)

 

他にも多くの人気番組の仕掛人だったりもする小山さん。

私が懐かしくて好きだったものだと「料理の鉄人」

アメリカ版の制作もされており、アメリカエミー賞まで受賞されているんだから凄いですよね~(*´д`*)

 

そして、同じく企画に携わっておりヒットした「カノッサの屈辱」

これ私は今回初めて見たんですが、ヒットしたの納得の面白さ♪

深夜番組なんですが、日本の消費動向を歴史番組風に紹介した番組で、この面白さは見ないと分からないというか是非みてみてほしいです。

また復活してくれないかなぁ~(·∀·)

 

小山薫堂(こやま くんどう)さんの京都自宅と実家が凄い!?

こんなに色々とやられているのですから、さぞかし凄いお家に住んでいらっしゃるに違いない!(☆∀☆)

小山さんのご自宅やご実家が気になっちゃいますね~

しかもこんなにメディアに露出されているのであれば、きっとご自宅とご実家の情報もテレビでご紹介とかご自宅拝見的なので情報があるのでは?と探してみました!

 

まずはご実家!

京都を紹介する記事の中でこんな1文を発見しました。

実家の貸衣装屋が西陣へ仕入れに行くので、僕も幼稚園児か小学生の頃から京都へ来ていました。

出典:旅ぐるたび

 

ご実家は「貸衣装屋」さんなんですねぇ~(*´∀`)

と思っていたら、、、

こんな情報も発見しました。

母は美容師で朝から晩まで働いていたし、父はその美容院を経営する一方、貸金業、不動産業、貸衣装など手広く商売をしていたので、ふたりともものすごく忙しかった。家にはお手伝いさんもいたくらいです。

出典:NewsPicks

 

ご実家、貸衣装屋さんだけじゃなかった(灬º 艸º灬)

しかも、一番最後に貸衣装などって書かれますね。

ご両親お二人ともでいうと美容院がメインって感じだったのでしょうか?

「美容院」と「貸衣装屋」なら繋がってる感あって納得ですが、「貸金業」に「不動産業」、「など」って凄いですね!

ただ手広いだけでなくしっかり成功されていらっしゃったからこそのお手伝いさんがいたりなんでしょうから、やはり凄いですし、小山薫堂さんの今の多才ぶりはご両親の影響もあるのかもしれませんね(*’∀’人)

これだけでもうご実家凄いの証明!って感じですね。

 

そして、更に気になる薫堂さんのご自宅!

残念ながら京都のお住まいっぽのですが、他には目ぼしい情報は出てきませんでした。

しかし!

1つだけ自宅にまつわる情報がありました(*゚▽゚)ノ

小山さんが出演されているラジオ番組「FUTURESCAPE(FMヨコハマ)」でWEB会議ツールの「Zoom」を使用しての放送回があったのです。

パーソナリティの小山さん、柳井麻希さん、ゲストの「国境なき医師団(日本)」前会長の加藤寛幸さん、各々ご自宅からの放送!

貴重すぎます!!(☆∀☆)

ということで左下に写っていらっしゃる小山さんの画面は小山さんのご自宅ということ。

 

はっきり、しっかり見える訳ではありませんが、白を基調とされた内装のご自宅。

何やら棚がいっぱいなお部屋ですが、もしかしたらお仕事部屋なのかもしれませんね(*´д`*)

この回以降は、Zoomの背景機能で皆さんのバックをスタジオのお写真にしての放送の為、この回は本当にレアですね!

 

愛車も凄い!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LAND ROVER Japan(@landroverjpn)がシェアした投稿

 

レンジローバーの愛好家でもある小山さん。

確かにカッコいいですよね!(☆∀☆)

レンジローバーはイギリスの自動車メーカー「ランドローバー」が生産している高級車。

下の写真の内装とか女性の私でも惚れ惚れしてしまうカッコよさ(〃д〃)

 

この投稿をInstagramで見る

 

LAND ROVER Japan(@landroverjpn)がシェアした投稿

 

小山さんがレンジローバーに乗ってるってだけなら流石だな~で終わってしまいそうなんですが、それで終わらないエピソードがあるんですよね~(灬º 艸º灬)

因みにレンジローバーの日本公式サイトを見ると、「VOGUE」モデルで車両本体価格(消費税込)が1400万円超えてました。(2020年4月20日現在)

3つ載ってたモデルの内、一番お安いモデルでこの金額です。

やっぱり凄いですね(;·∀·)

小山さんは27歳でレンジローバーを購入し、7年程で手放し、その後8年程過ぎた頃急にその時のレンジローバーが愛おしくなったそう。

そこで、ラジオ番組の企画で「自分が以前乗っていたレンジローバーを探し出すまで」というドキュメント企画を行ったそうです。

そして、小山さんのレンジローバーを購入したというからメールもあり、もうご対面!と思いきや、そのメールを下さった少し前にもらい事故でフロント部分が損傷してしまい、オークションで売ってしまったというのです(;´Д`A

その購入先の方の連絡先を教えてもらい、連絡を取り、ようやく小山さんの愛車のレンジローバーとご対面☆

感動の再会までは素敵なお話です(*´∀`)

 

ただここからビックリなエピソードへと突入していきます(灬º 艸º灬)

その方はフロントが大きく損傷したそのレンジローバーを12万円で購入したそう。

高級車のレンジローバーからすれば凄くお安く感じますが、フロント部分はぐしゃぐしゃで修理しなければ走れない。

走行距離も結構いっている状態だったそうで、購入された方もその車その物に乗るという目的ではなく、そのレンジローバーから欲しい部品を手に入れる為に購入されたんだそうです。

小山さんは、その愛車をもう一度ご自身の元に戻す為、20万円で売ってほしいという交渉をします。

しかし、その方の目的は部品。

その為、答えは「NO」

しかも、その部品というのが助手席ということで、小山さんもこれは譲れない部分ということもあり、ここで凡人には驚きの行動に出ますΣ(゚ロ゚;)

要はその方は助手席があれば良い訳です。

なので、小山さんの愛車の助手席でなくても良いということ。

そこで、小山さんは別の中古のレンジローバーを購入し、その中古車からその方に助手席など欲しい部品を持っていってもらい、小山さんは愛車を部品が欠けることなく返してもらったそうです(*゚▽゚)ノ

確かにその手があるね~って思う機転の利いた愛車エピソードですが、実はその購入した中古車のお値段が300万円!(;゚Д゚)!

元は12万円で購入したとのことなので、大分値が張ってしまいましたね(;·∀·)

 

それだけそのレンジローバーに愛着があったいうことですが、しかし手元に戻ってきた愛車はそのままでは車検が通らない状態だったそうで、このままでは乗ることは叶わない状態。

そこで修理をしてもらうべく、修理業者さんに見積もって頂くとなんと

その費用300万円!

えっデジャブ?(灬º 艸º灬)

既に300万使用して取り戻したのに、また修理費用に300万円。。。

小山さんも流石に悩んだそうで、ラジオ番組で経緯を話し、リスナーに意見を募ったんだそうです。

確かにここまで来ると即決はできないですよね(;·∀·)

でも、「直すべき」「勿体無い」など意見は割れ、最終小山さんのジャッジはというと修理する判断をされました。

そして、現在は京都で活躍されているそうです♪(·∀·)

 

ということで、愛車のレンジローバーを探す企画は小山さんが600万円を使用して愛車へと返り咲くという凄い結果となりました(;´∀`)

 

凄いの一言ですね(灬º 艸º灬)

それだけのお金を出せちゃうというのは勿論ありますが、それでも、そこまでしたいと思える愛着のあるものがあるって素敵で憧れますね~

と言え、家庭をもつ妻の立場からするとそんなお金の掛かる愛着はご遠慮願いたいですかね~(;·∀·)

スポンサーリンク


スマホ紛失事件とは!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUKA MORII(@yukamorii)がシェアした投稿

愛車で既に驚きましたが、次は「事件」!?

エピソードが尽きませんね(灬º 艸º灬)

これもラジオでお話されていたそうなんですが、小山さん乗ってた新幹線のゴミ箱にスマホ(iPhone)捨てちゃったそうです(;·∀·)

事件ですね(;´∀`)

 

小山さんはその日、新幹線に乗っており、目的の「新横浜駅」で降りる直前まではiPhoneは見える場所に出しており、降りる際にも持って席を立ったそうなんです。

ですが、新幹線から降りたらiPhone無い!

すぐに座っていた席に戻り探したそうなんですがそこには無く、仕事の予定もありそこでは諦め下車したそうです。

しかし、すぐに下車直前にゴミを捨てたので、一緒にゴミ箱に捨ててしまったかも!?と思い駅員さんに伝えたそうなんですが、東京駅についてからしか確認してもらえないとの残念な結果。

さらに、東京駅で確認してもらうもiPhoneはみつからなかったそうです( ノД`)

 

そんな状態でのラジオ収録。

スマホ紛失してしまった。
もしかしたら、新幹線のゴミ箱に捨ててしまったかも!?

とラジオで話している中で、iPhoneの機能「iPhoneを探す」をやってみたそうなんですが、まさかの大井町の車両基地(´Д`;)

 

やっぱり新幹線のゴミ箱?という疑惑はさらに高まりました。

そして、その後スマホは見つかったのか?という後日談は、ネタとして記事にされていました(*゚▽゚)ノ

オンエア終了後に飛んでいったのだが、警備員曰く「車両基地に人は通せません」。夕方になって、僕のヨミどおり新幹線のゴミ箱から発見されたと連絡があったが、「引き渡しは規則上、明日以降になる」ということで、翌日から3泊4日のハワイ出張を控えていた僕は、26年間使ってきたガラケーを泣く泣くスマホに替えた。地図やメールチェックなど、海外ではスマホが欠かせないからだ。

出典:Forbes JAPAN

 

見つかって良かったですが、ガラケーはスマホに替えることになってしまったんですね。。。(;·∀·)

忘れ物とゴミ箱は注意ですね(灬º 艸º灬)

 

折角なので新幹線での忘れ物・紛失物についても調べてみました。

JRには「お忘れ物についてのお問い合わせ」フォームがあり、そこから問い合わせ出来るようです。

お電話の場合は下記になりますが、フォームは「24時間稼働」「年中無休」のようなので、フォームからのお問い合わせの方が便利そうですね。

JR東海お忘れ物案内
※音声ガイダンスに沿って、
「3」を選択してください。
電話番号 受付時間
050-3772-3910 8:00∼21:00

 

また、落し物が見つかってからもシステムの登録までには一定の時間が必要とも書かれているので、小山さんのように忘れたと気付いてすぐに問い合わせてもその時点では登録がない可能性はありますね。

そして、逆に落し物・忘れ物をしたのに問い合わせや受け取りがない場合1・2週間で最寄りの警察署に移されたり、物によっては売却・処分されてしまうようなので、もしも忘れ物に気づいたら急ぎでないからと放置せず早めの対処をした方が良いですね。
※更に詳しく知りたい方はこちら

 

まとめ

今回は放送作家など多彩な顔を持つ小山薫堂(こやま くんどう)さんについて調べてみました。

多彩な才能と多彩なエピソードにビックリでしたね(灬º 艸º灬)

では、以下まとめです。

小山 薫堂さんプロフィール

名前 小山 薫堂(こやま くんどう)
職業 放送作家・脚本家・ラジオパーソナリティ
生年月日 1964年6月23日
出身 熊本県本渡市(現在の天草市)
中学 天草市立本渡中学校
高校 熊本マリスト学園高等学校
大学 日本大学藝術学部放送学科
株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ 代表取締役社長 ブランドプロデュース
ブランドデザイン会社
N35インターナショナル株式会社 代表 放送作家事務所
株式会社下鴨茶寮 代表取締役社長
京都老舗茶寮(さりょう)
京都造形芸術大学 副学長・芸術学部教授 芸術大学
東北芸術工科大学 前教授 芸術大学

 

小山 薫堂さんその他情報

  • くまモンの火付け役プロデューサー
  • ヒット企画番組には「料理の鉄人」や「カノッサの屈辱」などあり
  • ご実家は美容院経営、貸金業、不動産業、貸衣装などのご商売をされていた
  • ご実家にはお手伝いさんもいた
  • ご自宅の貴重な映像がラジオ番組のZoomの背景にチラ見え
  • レンジローバー愛好家
  • 過去に乗っていた愛車を取り戻し、乗れるようにするまでに600万円使用した
  • スマホを新幹線のゴミ箱に捨ててしまったことがある
  • その後「iPhoneを探す」で発見された

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です