瀧川鯉斗の出身中学・高校や昔の総長画像紹介!年収や田中みな実との関係が気になる!

こんにちは。くるみぃです。

瀧川鯉斗(たきがわ こいと)さんカッコイイですよね!

お写真だけ見たらモデルさんか俳優さんとも思ってしまうイケメンなお顔立ちな瀧川さんは落語家さんなんですよね~(*゚▽゚)ノ

しかも、瀧川さんが注目されるのはその容姿だけではなく、元暴走族の総長という落語家さんとしても珍しい経歴の持ち主いう点。

ビックリですよね!(·∀·)

そんなイケメンで元総長、そして現在は落語家さんな瀧川鯉斗さんの気になる情報をまとめてみましたよ☆

元総長となると気になるのは出身中学や高校ですよね。

そこは同じ愛知県の私くるみぃが発見しちゃいましたよ☆

また、現在は落語家さんですが、年収も気になっちゃいますね。

最後には一番気になった「田中みな実」さんとのご関係!一体どんなつながりがあるのでしょうか!?

元総長時代の画像や現在のイケメン画像もいっぱい紹介しますので最後まで見ていって下さいね♪(*゚▽゚)ノ

 

瀧川鯉斗さんの出身中学・高校は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

瀧川鯉斗(@koitotakigawa)がシェアした投稿

ああぁ~やっぱりカッコイイですね!

瀧川鯉斗さんって名古屋で学生時代を過ごされているんですよね~(´∇`)

では、出身中学・高校はどこだったのか?

地元名古屋だけに凄く気になります!

 

調べてみると東京生まれで、お父様の転勤で名古屋に引っ越されているのは情報として出ているのですが、詳しい出身学校は見当たらず。。。

と落胆していたところ有力情報を見つけましたよ!(☆∀☆)

それは「天白フリモ」2016年11月号Vol.52の巻頭特集「磨き上げた芸で、観客を噺の世界へ 落語家 瀧川鯉斗」の中で小学校時代の事が書かれていましたよ~

「天白フリモ」とは株式会社中広が発行している地域密着の生活情報誌。

名古屋では「フリモ」という名前でお馴染みで「天白フリモ」は名古屋市天白区エリアで発行されているフリモなんです。

北海道から沖縄まで、地域ごとに名前や紙面は違ったりしますが、全国規模で情報誌を発行されています。

その地域の情報やクーポンなどが載っていてついつい見てしまうんですよね~(´∇`)

 

で、この巻頭特集の中で小学校時代について触れており、「八事東小学校」出身であることを明かされています。

中学校の名前は書かれていませんでしたが、八事東小学校からそのままそのエリアの中学校へ進学されているとすれば「御幸山中学校」である可能性が高いことが推測されますね。

また、高校については登校初日に上級生と喧嘩をして即日退学してしまったそうで((((;゚Д゚))))

この時点で総長としての片鱗を見せてみますね(;´∀`)

そして18歳まで名古屋市天白区で過ごされ、その後、役者を目指して東京へ引っ越され、そこで現在の師匠で落語家を目指すキッカケともなった瀧川鯉昇さんと出会い落語家の道を歩むことなります。

 

昔の総長画像紹介!

では、高校登校初日で退学になって以降の元暴走族の総長瀧川鯉斗さんの画像気になりますよね!

総長として話題は度々テレビでも取り上げられてますね~(´∇`)

探してみましたよ!

名古屋最強の元暴走族総長って書かれてますね(灬º 艸º灬)

ホント意外ですよねー(。-∀-)

 

瀧川鯉斗さんの年収

 

この投稿をInstagramで見る

 

瀧川鯉斗(@koitotakigawa)がシェアした投稿

こちらも気になる年収!(☆∀☆)

落語家さんの年収ってどれくらいなのでしょうか?

やっぱり人によってってことなんでしょうか?

 

調べてみると落語家さんには階級があるそうで下から「前座見習い」→「前座」→「二つ目」→「真打ち」上がっていくそうです。

瀧川鯉斗さんはどの階級かというと、2009年に二つ目へ、2019年に真打ちに昇進しています。

「真打ち」昇進の挨拶の動画がこちら↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

junichi miyashita(@junichi1017)がシェアした投稿

一番上の「真打ち」ですね! すごい!♬(ノ゜∇゜)ノ♩

「二つ目」から「真打ち」まで10年!
やっぱり簡単ではない世界ですねー(;´Д`A
そして、それをやり続けていけるのが何より凄い!

一番の上の階級「真打ち」ということは年収もさぞや良いはず!
と思って更に調べていくと衝撃の事実が。。。(|| ゚Д゚)

ある真打は、「今どき、お客1人当たり×円×銭というレートが決まっているのは、寄席と為替だけ」と冗談めかして言う。別の人気真打は、「9日間高座に上がって、寄席の割りは1万円。日当約1000円です」とのこと。

出典:DIAMOND online

 

えっ!!!!?(꒪ꇴ꒪ (꒪ꇴ꒪ (꒪ꇴ꒪ 😉

そんな感じなんですか!?落語会!

DIAMOND onlineの「食える噺家は100人だけ、落語界昇進制度の歪み」の記事によると落語家さんのギャラは大きく3つ「寄席」「ホール落語・独演会」「出張落語」だそうです。

で、先ほどあげたギャラは「寄席」でのギャラで、寄席は色んな落語家さんが勢揃いする場で、ギャラは皆で分けることになりトリや芸歴、階級などでその分配率が変わってくるそうです。

その為、「寄席」よりも「ホール落語・独演会」「出張落語」の方がギャラが多いとのこと。

これだとやっぱり一概に階級で年収は判断できないってことですが、他にも調べていくと「真打ち」「二つ目」合わせた年収の平均が550万円との情報も出ていましたので、トータルでみると1日1000円の衝撃に比例する年収でなくて安心しました(灬º 艸º灬)

ただ、瀧川鯉斗さんに関して言えば、落語以外にもテレビ出演などされてますからね~

もっともらっていらっしゃるんでしょうね~(*´д`*)

 

瀧川鯉斗さんと田中みな実さんの関係!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中みな実写真集【公式】(@minamitanaka_official)がシェアした投稿

そして最後に一番気になった「田中みな実」さんとのご関係!

検索ワードに田中みな実さんのお名前が出てくるんですよねー(´∇`)

何か関係があるのでしょうか?
付き合ってるとか?
元カノとか!??

もしそうなら美男美女過ぎてお似合いですが、どうなんでしょうか!???

 

結果はどうも瀧川鯉斗さんの好みのタイプが田中みな実さんとのこと。

何も関係ないみたいです(灬º 艸º灬)

 

まとめ

今回は瀧川鯉斗さんについてまとめてみましたよ~

私の地元名古屋で学生時代を過ごされていたなんて今回はじめて知りました~

では、今回のまとめです。

  • 八事東小学校出身
  • 御幸山中学校出身の可能性高い
  • 東京生まれで、18歳まで名古屋市天白区で過ごす
  • 年収は「真打ち」の平均が550万円、テレビ主演などされているのでもう少し多いかも
  • 田中みな実さんとの関係は好みタイプだそう

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です