オンリーストーリーの評判・口コミ!取材商法や資金調達の噂を徹底検証!

こんにちは。くるみぃです。

審査制の決裁者専用マッチングアプリ「オンリーストーリー」(*゚▽゚)ノ

前回別記事では、「オンリーストーリー」のプランの種類やそれに伴って出来るサービスの違い、料金についてをご紹介しました。

オンリーストーリー株式会社の料金(費用)は?プランの違いを比較!

2021年8月17日

今回は実際に使用して効果があるのか?

使用者の満足度はどうなのか?

「オンリーストーリー」の評判や口コミについて調べてみましたよ☆

また、ネットで調べていると出てくる「取材商法」や「資金調達」という言葉。

これはどういうことなんでしょうか?

こちらについても調べてみましたので、決裁者専用マッチングアプリ「オンリーストーリー」「チラCEO(有料版)」が気になっているあなたは是非最後までご覧くださいね~☆

スポンサーリンク


「オンリーストーリー」「チラCEO」の評判・口コミ!

では、気になる無料会員可能な「オンリーストーリー」と有料版「チラCEO」の評判や口コミについて調べてみましたよ(*゚▽゚)ノ

調べているとチラホラとあるネガティブワードや口コミ

  • オンリーストーリーの実績がどこにも載っていない
  • オンリーストーリーは料金が20万円もして高い
  • オンリーストーリーは怪しい

等々、一見これだけ見ると怪しいサービスだったり、高額な利用料を払っても成約に結びつかないアプリなのではないかと思ってしまいますよね。

しかし、しっかり調べていくと上記のような「実績の記載がない・高い・怪しい」等の内容は心配ないと思えるだけのものが確認できたので、順番の解説していきますね(*´∀`)

 

「オンリーストーリー」の実績がどこにも載っていないは『 嘘 』

まず、「オンリーストーリー」「チラCEO」はオンリーストーリー株式会社が運営するサービスです。

そして、サービスとしての「オンリーストーリー」が基本「無料会員」としてのサービスで、「チラCEO」は同じ決裁者専用マッチングアプリなんですが、使えるサービス・機能・サポートが異なり有料版になります。

会社名とサービス名が同じなので、サイトを見た時にちょっと混同しがちになるのでが、オンリーストーリー株式会社のサイトがあって、その中に「オンリーストーリー」と「チラCEO」のサービスの案内ページがあります。

そして、さらに利用者のインタビュー記事や利用者の声、イベント紹介ページなどが用意されています。

そう!「利用者の声」ちゃんと載ってて、実績も会社によりますが数字の記載もありました☆

いくつかピックアップして簡単に箇条書きしたものがこちら↓↓↓

「オンリーストーリー」「チラCEO」の実績など利用者の声
  • 毎月10〜15件ほどのアポイント、内2件ほどの受注
  • 成約件数が20件超え
  • 1年間で新規顧客10社
  • 成約に繋がるイメージが湧くアポイントが一定数獲得できている
  • 利用し始めて4ヶ月程度、既に利用料に見合う成約できており、費用対効果は十分。
  • 新規契約企業様のかなりの割合が『チラCEO』経由になってきた
  • 「チラCEO」を通して知り合った方に契約頂いた
  • 将来的な売り上げ・事業の拡大へのいい種まきができていると感じる

 

でも、なんで実績が載ってないと思わてしまったのか?

それはサイトのメニュー構成のせいかなと思われます。

オンリーストーリー株式会社のサイトのメニューの中には、「決裁者インタビュー」と「サービス概要」があり、その中にさらに下記カテゴリーに分かれています。

■決裁者インタビュー

  • インタビューを検索
  • 新着生地
  • 人気生地
  • 特集記事

■サービス概要

  • 決裁者マッチングアプリ「ONLYSTORY」
  • 決裁者マッチングSaaS「チラCEO」
  • 決裁者限定のマッチングイベント
  • 利用したお客様からの声

 

「決裁者インタビュー」と「サービス概要」のメニューは、クリックするとさらに細かくカテゴリーが表示される仕組みになっています。

その為、大きなメインメニューである「決裁者インタビュー」と「サービス概要」だけを見てしまうと「決裁者インタビュー=利用者の声」と思ってしまっても仕方ないのかなと。。。(;·∀·)

「決裁者インタビュー」ってメニューがあったら、「サービス概要」の方に「利用したお客様からの声」のページがあるとは思いませんよね~

 

そして、「決裁者インタビュー」は「オンリーストーリー」の有料版である「チラCEO」の利用者のインタビューであることは変わりないのですが、「決裁者インタビュー」は「チラCEO」を使用してみてのインタビューではなく、あくまで決裁者である利用者の自社サービスの紹介・アピールのページという構成になっています。

これは恐らくになってしまいますが、「チラCEO」のサービスの1つではないのかなと予想します。

「チラCEO」の利用者が全て掲載されるのか、掲載してもらう為の追加費用やオプションが必要なのかは不明ですが、このサイト自体が、「オンリーストーリー」や「チラCEO」の利用検討者だったり、既に利用している決裁者クラスの方々ですから、この「決裁者インタビュー」に掲載されるというのは、そういった方の目に触れるチャンスがあるということで、掲載されることは利用者にとって価値あることだと思います。

同じく「決裁者インタビュー」の中の「特集記事」についても、企業やサービスの特徴、その方の人柄が伝わる魅力的な内容だったりしますが、こちらも「チラCEO」のサービスなんだろうなと思います。

 

私も勤め先の会社では、他社サービスを多く利用させてもらっていますが、外への宣伝効果のあるサービス・媒体については基本お金が発生するものです。

掲載するのにいくら、他社より優先的に表示してもらう・上位表示してもらうのにオプションいくらなど、反響・集客の為には良いサービスとは理解しますが、自分が利用する立場になって「あぁ、こういうのってそういう感じなんだぁ~」って知りましたね。

それだけ他への露出・アピールの場っていうのはお金を払ってでもしたいと思うもので“ 価値ある ”ものです。

そして、オンリーストーリー株式会社のサイトのは、自社サービスのアピールである「利用者の声」はぱっと見は気付かないくらいなメニュー位置にしており、利用者である企業・決裁者の方々のアピールの場である「決裁者インタビュー」を一番目立ち最初に目にするだろうメニュー左端に配置している点とか、ユーザーファーストではないかと思いながら見てしまいましたね(*’∀’人)

誤解を招くといけないので念の為!
露出にはお金が掛かるサービスが多い的な感じで書いていますが、「決裁者インタビュー」や「特集記事」への掲載が基本利用料の中に含まれているのか、別途サービスなのかは不明です。
何でもかんでもお金を取る会社・サービスだと言っている訳ではないのでお間違いなく(;^ω^)

 

「オンリーストーリー」は料金が20万円もして高いは『 誤解 』

“「オンリーストーリー」は料金が20万円もして高いは『 誤解 』”とタイトル書きましたが、「誤解」というかサービス内容を把握やその貴重性を理解しなければ確かに20万円高いんじゃないの?って思うかもしれませんよね(;’∀’)

ただ、別記事で書いたプラン内容や料金についての記事でも少し触れたように、例えば採用のコンサルや採用エージェントのような企業サービスの場合も同じだと思うんです。

オンリーストーリー株式会社の料金(費用)は?プランの違いを比較!

2021年8月17日

メインの目的こそ「採用」になるとは言え、自社を発見してもう場を設け、アピールし、良い人材の発見しマッチング、そして入社してもらうという「成約」に繋げるサービスです。

おおまかな上っ面だけのサービス内容を書いてしまえはこうなります↓

  1. 自社の求人情報をWEB上に掲載
  2. 募集を掛ける
  3. 応募があったら紹介のご連絡
  4. 面接の日程調整
  5. 入社が決まったら1成約「おめでとう~」

これだけですが、実際には企業によるとは言え、20万円ならざらにあるというかむしろ安いんじゃないでしょうか?

コンサル費・エージェント費に数十万払い、入社が決まったらまた紹介料が発生するとか普通にあります。

これだけ聞くと「高いっ!」と思いませんか?

でも、実際にはただの「求人掲載」だけではなく「コンサルティング」である訳で、どう自社のアピールをすれば求めている人材に刺さるのか。

良い人材はいっぱいいても、自社にとっての良い人材とは限りません。
ここを押さえていないとミスマッチが起こり、面接など無駄に時間を使ってしまったり、入社したは良いがすぐに辞めてしまったとなりかねません。

その為に採用コンサルの場合、実際にはこんなことをしてくれます↓

  1. 自社の求人情報をWEB上に掲載
    →目標値や目指すべきベンチマークなど綿密に打合せします。
    自社の強み・魅力をどう掲載原稿に反映することが効果的か原稿・使用画像の立案、検討を行ってくれます。
  2. 募集を掛ける
    →募集を掛けるWEBや紙・イベントなど企業のチカラが試されます。
    例えば、閲覧の少なかったり、ターゲットと異なる層が多いWEBに掲載しても意味がないのです。
  3. 応募があったら紹介のご連絡
    求職者の情報をヒアリングし、自社にどうマッチしているか事前に履歴や求めているポジションを把握が可能です。
    それにより面接をしても良いのか、是非会いたいという思う方であれば、面接にはどんなスタッフが対応すべきか事前に準備ができます。
  4. 面接の日程調整
    →面接となれば日程の調整をしてくれます。
    こちらは企業同士なので、スムーズに運びます。
  5. 入社が決まったら1成約「おめでとう~」
    入社が決まっても、入社するまでには条件面や現勤務地をすぐに辞められるのかなど調整が必要です。
    そんなやり取りの調整もサポートしてくれます。

その企業にもより料金体系やどこまでやってくれるかは異なりますが、ここまでしてくれれば心強いと思いませんか?

そして「採用」に限らず、今回メインの「オンリーストーリー」のように簡単に言えば「自社宣伝」をして成約につなげたり、課題としている項目に関して最適な企業とのマッチングする為には、どう自社をアピールしていくか、どんな場所でアピールしていくかが重要だと思います。

それが、「オンリーストーリー」の場合は、場所として審査制のマッチングアプリにすることで、オンリーストーリーが設ける一定基準以上の企業の「決裁者」限定の場を作り出すを可能しており、更にそこで自社を最大限アピールする為に強力なサポート体制が準備されているという訳です。

 

サポート体制のメリットについては「利用者の声」の中でも多く触れられていました。

「オンリーストーリー」のサポートのメリット
  • マッチングの際には事前に担当者がサービス内容を説明してくれているので、商談時にスムーズ
  • マッチング前にヒアリングを行ってくれるおかげで、ニーズに合わせて事前準備が可能で助かった
  • マッチングの結果を元に、サービスの見せ方を再考したり、トーク内容を作成したりと心強い
  • 専門技術があっても営業ノウハウが苦手な企業こそ使った方がよい思うサービス

あげだすと凄い文章量になってしまうので、利用者の声の一部を簡単にまとめただけですが、サポートについて多くの企業が触れておりこのアプリのポイントであると感じました。

実際の抜粋の声も1つだけ載せていきますね↓

オンリーストーリーとは会議を重ね、営業戦略を練って、共に新規事業を作っているという感覚。自分では思いつかないようなサービスの打ち出し方、例えば「ここが強みだと思います」とか「こういう見せ方をした方がいいと思います」とか意見をくれたり、営業に関する相談にものってくれます。そのようなパートナーができたことが、最大の変化ですね。

引用:オンリーストーリー:ご利用事例「チラCEO利用事例vol9」

 

また、費用対効果についても触れられている方が多いですね。

「オンリーストーリー」の費用対効果
  • 費用対効果4倍
  • この数の決裁者とのアポイントを自社のみで獲得となると、チラCEOの倍くらいの手間と時間が必要だったろう
  • 営業担当を1人雇用するよりもコストを抑えられる
  • 社員の場合だと、教育にコストも時間も掛かる

そして、こちらは実際の声の抜粋です↓

例えば、自社で営業マンを採用するとなると、1 人採用するのに採用費用の 35%、新卒採用でも 70 ~ 80 万円のお金がかかるものの、採用した人がずっと辞めずにいてくれる保証はない。採用にかけたお金も戻ってくるわけではないので、弊社では営業活動の一部を『チラCEO』にアウトソースしているという背景もあります。

引用:オンリーストーリー:ご利用事例「チラCEO利用事例vol4」

 

「新卒採用でも 70 ~ 80 万円のお金がかかる」

採用規模にもよりますが、めっちゃ掛かるんですよ~(;´∀`)

これですぐ辞めちゃったり、社風に合わなかったりするとホント。。。。

それを考えたら、多くの企業のマッチングサポート経験のある方に間に入ってもらう方がどれだけ効率的なという事ですね。

(※社員さんは社員さんでもちろん大事ですし、社員あれからこそ強みも当然あるでしょうが)

 

そして、これだけ見ると良いことばかり書いてと思うかもしれませんが、しっかり上手くいかなった点についても触れられていました。

正直、最初はターゲットじゃない企業をご紹介いただくような場面もありましたが、その都度フィードバックを行なっていました。
そうすると、徐々にご紹介いただく企業がターゲット像に近づいてきて、その上決裁者ということで商談もスムーズに進むことが増えていきました。使い始めてから今日までに『チラCEO』からのご紹介だけで4つの受注を決めることができています。

引用:オンリーストーリー:ご利用事例「チラCEO利用事例vol12」

 

これって専属の担当者が付くからこそ出来ることだと思います。

専属ではなくマッチングのたびに担当者が違っていたら、自社アピールも最大限伝えきれない可能性は高いですし、ターゲット層のすり合わせなど改善していくということが利用者任せになってしまいますからね。

 

さらに、「対等な立場で臨めるアポイントが多い」という声もありました。

確かに、決裁者同士でのマッチングで、掲示板でも「提供できるもの」だけではなく、「求めているもの」とを記載する点もその1つですよね。

また私の話になってしまって申し訳ないですが、私結構勤め先で営業お電話取ることが多いんですよね~

すると、どうしても私の方が立場が上という訳ではないはずなのに、営業をする側が提案の場を設けてもらうお願いする立場になってしまうといのは、「対応」なはずなんですが、気持ち的に「対応」になかなか臨めないですよね。

特に営業に慣れてないとか、自己アピールが苦手となるとそうなりがりです。

さらに、私がお電話を受けて、お電話口でお話聞いて、資料もメールでもらったとしても、それを決裁者に同じ熱用で同じ時間を掛けて説明するということは余程求めていたサービスや画期的な商品でない限り難しいと思うんですよね。

きっと今これを読んで下さっている方は決裁者である可能性が高いと思いますが、電話で受けた営業の内容を逐一時間を掛けて聞かないと思うんですよ。

だってあなたは忙しんですから。

電話で営業を受けた私だって、決裁者であるあなたが多忙なのは十分知ってます。

だから、都度忙しいあなたを捕まえて必死になってそれを伝えようとは流石にしません(;´∀`)

きっとこれは会社規模が大きければ大きくなるほど、決裁者のテーブルまで話を持っていく難易度が上がっていくと思います。

話がそれましたが、通常自社サービスや商品を売り込むってこういうケースが多いと思うんです。

それは、あなたが売り込む側であってもマイナス要因ですし、売り込まれる側であっても同じだと考えます。

だって、あなたに伝わらなかった営業の話の中に、あなたがめっちゃ求めてるサービスがあったかもしれないのですから。

それもある意味機会損失ですよね。

 

そして、利用者の声を見ていて感じたことは、決裁者自身が気づいていなかった「求めている」と自覚をしていなかったけど、マッチングで決裁者同士の会話の中での発見や、オンリーストーリー担当者から提案による発見や課題解決です。

  • 担当者が自社の悩みを聞いてくれ、解決できるサービスを紹介してくれた
  • 決裁者同士のビジネス以外の会話の中で幅広く情報交換、協業、提携、顧客紹介などの可能性が見えてきた
  • 「チラCEO」で知り合った方との会話で自社課題の解決ができた
  • 決裁者同士フランクに話せることで、意外なご縁に繋がった

 

こんなサポート体制もよく、マッチングも決裁者同士なので話がスムーズだったり、思いもしなかったご縁や課題解決が出来たりとなったら『「オンリーストーリー」は料金が20万円もして高い』とそれでもまだ思うでしょうか?

有料版である「チラCEO」は月額¥200,000~となっているので、あなたの求めているもの、目標値、行うサービス内容によって料金は変わってくると思われますが、基本料金だけで行えるサービスだけでも20万円ならかなり安いのではと個人的には思ってしまいますね~(*´艸`)

 

「オンリーストーリー」は怪しいは『よくあるやつ』

そして、これは簡単に終了です(*´艸`)

「オンリーストーリー」は怪しいとの噂。

これサービス系でネットの検索窓に検索されることが多くなればなるほど出てくるやつですね(笑)

企業名であれば「企業名 ブラック」とか。

ブラックでなくても、ブラックだったりしないのかな?とか検索する人が多いとより予測で検索窓などに出てきやすくなります。

そして、それも見た人がこの会社、予測でブラックって出てくるとかブラックで有名な会社なの?と迷惑な話です(;´∀`)

(本当にブラックな場合もあるでしょうが。)

 

アプリ系であれば、「アプリ名 危険性」「アプリ名 怪しい」とか。

 

なので、「オンリーストーリー」「チラCEO」は審査制ですし、さらに決裁者限定なので、気になっても実際に誰もが試せるかと言えば出来ず、その為他の同サービスと比較したり、類似サービスとして憶測されたり。

まぁ私も利用出来ない側なので、ネットで検索しまくって情報得ている訳ですが、ただそのネガティブワードを確証付けるものはなく、「実績が載ってない」とか、載ってるし(笑)、むしろ私は素敵なサービスではないだろうかと思いました。

やっぱり自分がしらない世界や未知のものって怪しくみえたり、自分が価値を感じないものが高額で販売され売れていたりすると、何か裏があるのでは?と勘ぐってしまいますからね~(·∀·)

スポンサーリンク


「オンリーストーリー」の取材商法の噂って?

こちらの先ほどの噂系に近いですが、これはぁ~

あるかもですね(·∀·)

 

というか、私は「取材商法」っていうの今の勤め先で知りました。

取材商法とは、「取材させて下さい」とか「是非うちのWEBサイトで紹介させて下さい」「素敵なサービスを展開しているのをホームページで拝見しまして、是非インタビュー記事をご紹介させて頂きたいと思いご連絡させて頂きました」とかとかとか。。。。

めちゃこの手の電話受けたことあります(;´Д`A

これを知らないと、「え!取材依頼?(☆∀☆)」って思いますが、掲載には費用20万掛かりますとかいう感じです。

(。-∀-)ほぉ~って感じですね。

 

これを知らないと騙されちゃうという言い方は時と場合により語弊がありますが、まだ知名度がない会社であれば世にアピールできるチャンスとお金を払って掲載をお願いしちゃいそうですよね。

そして、これのセットのような感じで騙されやすい提案に乗ってしまいそうになるのが、芸能人が取材インタビューとなってお邪魔しますというもの。

超有名どころっていうよりは、最近あまり見ないベテランタレントさんとか系が多いかも。

そして、その取材が載る媒体は紙の雑誌だったり、WEBサイト・WEBマガジンの場合は、セット価格でいくら頂ければ御社の記事の部分だけを抜き刷りにして50部お渡ししますので、営業活動などで配って頂いたりして使用して下さい~みたいな!

この時代ネット印刷でめっちゃ綺麗に格安で印刷できる時代にこの価格でこの部数って感じだったりしますが、これは権利の問題もありますし良いとして、こんな感じが多くて一般的にはあまり知られていないマイナーな雑誌やWEBサイトだったりも多く、そういった話が露見することで、「取材商法」なんて如何にも「悪」のような感じで取り上げられるんですよね~

確かに、これ誰が見るのって媒体も少なくないです。

提供しているサービスによっては響く層が見ている可能性もあるので、全部が全部ダメな訳ではないと思いますが、よくありがちなのだと社長ばかりをインタビューしているサイトとか。

私の場合、WEBとか雑誌関係を勤め先で少し業務として関わっているのですが、基本TV・雑誌、WEB全部ようは「取材商法」じゃんって感じの多いです。

こんな書き方したら怒られてしまうかもですが、要はこっちが載せてほしい!って思ってて当然のように掲載料を払っている場合はそんな発想にはならないと思いますが、向こうからの連絡の場合で、「取材依頼!?」って喜んだのに掲載料掛かるとなると「え?そういうこと?」ってなりますよね。。。

それが掲載されたのに「その雑誌なに?」って感じになるとなおのこと(;´Д`)

有名な雑誌の営業のお電話でも「御社のホームページで素敵なお洒落をたくさん拝見しまして~是非今回のこの企画にもピッタリですし、掲載をお願いできなかと思いご連絡致しました~」って言われ、「それは無料で掲載して下さるってことですか?」って聞くと当然そうではなく、見開きで100万とか、200万とか、今なら130万までお値下げ可能です~とか!

全国紙とかだと掲載費用はかなりお高いです。

1/8ページで30万とか(;´∀`)

 

基本は無料で雑誌に載るということは少ないですね。

無くはないですが、「代理店」対「掲載対象の企業」となると基本費用が発生します。

無料の場合でもこのページに掲載してくれればこっちもセットで掲載できますとか、WEBにも無料で掲載されるとか。

 

紹介系のポータルサイトもその1つですよね。

如何にも中立にあなたにあったメーカーをご紹介しますとかうたっていても、基本料とか掲載料を払って載せているメーカーの中からだけで最適なメーカーをご紹介なんですから。

それ言い出したら保険の窓口的なものとか、一括見積サービス的なものとか全部って話ですね。

取り扱いメーカーしか紹介してもらえないので。

 

相変わらず話がそれましたが、「オンリーストーリー」も「取材商法」をしてるのか?

実態は分かりませんが、私の予想としてはある可能性大かと。

だって「決裁者インタビュー」とか「特集記事」とかありますし、これが基本料の中に組み込まれてるセットのサービスの可能性も残ってますが、別途費用で他の企業より露出が増える機能はあるのでは?と思ってしまいますよね~

だってそういう業界っていうか、宣伝ってそういう仕組みだから。

 

でもそれはその取材を本当に価値あるものとしていれば何も「悪」でも「騙された」でもない訳です。

ものは言いようと言われればそれまでですが(;´д`)

私が携わっている雑誌の例でいくと、通常掲載と同ページ数でもタイアップ特集とか言って倍近くの掲載費でご提案頂いたり。

「過去他社事例でもその月は反響が上がってますし是非いかがでしょうか?」って言われて、それに価値を感じれば掲載する訳です。

それで反響が上がらなくても担当営業さんにはぼやくかもですが、騙されたと訴える企業はいないでしょう。

なので「オンリーストーリー」「チラCEO」で「取材商法」があるかと言われれば「あるんじゃない?」って予想です。

 

「オンリーストーリー」の資金調達の噂を解説

最後に「オンリーストーリー」の「資金調達」の噂とは?

こちらも「オンリーストーリー」をネット検索していると出てくるワード「資金調達」

これってどういうこと?って思ったんですが、ネガティブワードではありませんでした(*´∀`)

オンリーストーリー株式会社が総額約13億円の資金調達を実施したというニュースでした。

13億円凄いですね~☆

一部ニュース記事を抜粋です↓

この度、弊社株式会社オンリーストーリーは、日本郵政キャピタル株式会社、Das Capital SG Pte.Ltd. 、DCIベンチャー成長支援投資事業有限責任組合 、株式会社ユーザべース、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND投資事業有限責任組合、ユナイテッド株式会社を引受先とした第三者割当増資を通して、総額約13億円の資金調達を実施したことをお知らせ致します。

引用:PRTIMES

 

まとめ

今回はオンリーストーリー株式会社が運営する決裁者専用マッチングアプリ「オンリーストーリー」と「チラCEO」の評判・口コミについて調べてみましたよ(*゚▽゚)ノ

調べていたらネガティブワード色々出てきてちょっと心配になりましたが、全然そんなことなかったですね♪

噂の真相は?今回のまとめです☆

  • 実績がどこにも載っていないは?
    →公式サイトのサービス概要メニューの中にお客様の声のページがあった
  • 料金が20万円もして高い?
    →サービスの詳細内容やサポートを把握すると違って見えてくる
  • 怪しい?
    →有名税のようなもの?(笑)
  • 取材商法はある?
    →あるのでは?(予想)紹介系のサービスでは一般的な商品の1つ
  • 資金調達の噂は?
    →総額13億円実施のニュースだった

 

■オンリーストーリー株式会社 サイト>>コチラ

■オンリーストーリーの紹介および申込ページ>>コチラ

■オンリーストーリー有料版「チラCEO」の紹介および申込ページ>>コチラ

 

オンリーストーリー株式会社の料金(費用)は?プランの違いを比較!

2021年8月17日

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です