マスク無料配布(大阪)の配布条件!アクセス・電話番号等問い合わせ先情報まとめ!

こんにちは。

くるみぃです。

「新型コロナウイルス」ヤバイですね!

日本で猛威を振るいまくりですが、そんな中、予防対策商品がどこも売り切れ状態!!!

 

消毒液やアルコール除菌ウェットティッシュ、そしてマスク!!

 

ドラッグストアは勿論のことコンビニや100円均一など、どこも品切れ◝(´×д×`三꒪д꒪ ;)◜

フリマアプリ等では定価をはるかに越える金額で販売されたりしています。

 

そんな中、「マスク無料配布」のニュースが!!

 

今回はその中でも大阪の配布場所や配布条件などの情報を調べてみました!

スポンサーリンク



大阪のマスク無料配布3ヵ所

では早速、大阪でマスクの無料配布を行っている場所を紹介していきます!

 

今回調べてみたところ下記の3ヵ所で無料配布を行っていることが確認できました。(2020.3.2現在)

  • 和泉市(いずみし)
  • 箕面市(みのおし)
  • 泉佐野市(いずみさのし)

ただし、3ヵ所とも基本は妊婦の方が対象で、和泉市のみ妊婦の方と呼吸器機能の障害のある方となります。

 

それぞれ、マスクを無料でもらう為の配布条件や持ち物などがあるので、アクセスマップと合わせて紹介していきますね。

 

和泉市(大阪府)

対象者(配布条件)・配布期間ほか概要

地域 大阪府和泉市
対象者 本市に住民登録があり、マスク配布を希望する妊婦
本市に里帰り出産のため居住し、マスク配布を希望する妊婦
本市に住民登録があり、呼吸器機能の障がいで身体障がい者手帳を保持し、マスク配布を希望する人
配布枚数など 1人1回
❶❷の妊婦の方は60枚まで
の障害のある方は30枚まで
配布期間 2020年2月12日(水)~3月11日(水)(土曜、日曜・祝日を除く)
午前9時~午後5時15分
配布場所 ❶❷の妊婦の方
・保健センター:府中町四丁目22-5
・和泉シティプラザ南棟2階 保健福祉センター:いぶき野五丁目4-7
の呼吸器障害がある方
・市役所1号館2階 障がい福祉課:府中町二丁目7-5
・保健センター:府中町四丁目22-5
・和泉シティプラザ南棟2階保健福祉センター:いぶき野五丁目4-7
参考サイト 大阪府和泉市 市役所ホームページ こちら
問い合わせ先 和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話番号:0725-47-1551

必要な持ち物

持ち物 ❶❷の方 【必須】親子(母子)健康手帳
親子(母子)健康手帳を忘れた場合は、配布不可。
親子(母子)健康手帳を持参なら、代理の方OK。
里帰り出産の方は、住民登録がある市町村発行の親子(母子)健康手帳必須。
配布時に本市での滞在先の記入必要。
の方 【必須】身体障がい者手帳【呼吸器機能の障がい】
身体障がい者手帳をご持参ください。忘れた場合は、配布できませんのでご留意ください。
身体障がい者手帳をご持参いただけば、代理の方でも配布いたします。

 

配布場所・アクセス・電話番号等<問い合わせ先>

和泉市では3ヵ所の配布場所がありました。

詳しい場所などについて順番に紹介していきます。

 

■和泉市保健センター(❶❷❸の方)

和泉市保健センター府中町四丁目22-5
電話番号0725-47-1551
配布時間午前9時~午後5時15分
アクセス阪和線「和泉府中駅」から
■徒歩の場合 約17分
■バス利用の場合 約8分
 和泉中央線L1「和泉府中駅前」停~「福祉会館前」停下車、徒歩約2分

 

■和泉シティプラザ(❶❷❸の方)

和泉シティプラザ
南棟2階 保健福祉センター
いぶき野五丁目4-7
電話番号0725-57-6660
配布時間午前9時~午後5時15分
アクセス泉北高速鉄道「和泉中央」駅 徒歩約3分

 

■和泉市役所(❸の方のみ)

和泉市役所
1号館2階 障がい福祉課
府中町二丁目7-5
電話番号0725-41-1551(代表)
配布時間午前9時~午後5時15分
アクセスJR「和泉府中駅」から徒歩8分
泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス泉大津駅前行き(4番のりば)「和泉市役所前」下車すぐ
コミュニティバスめぐ~る和気・小田ルート「和泉市役所前」下車すぐ
南海バス「和泉府中駅前」から徒歩8分

 

 

箕面市(大阪府)

対象者(配布条件)・配布期間ほか概要

地域 大阪府箕面市
対象者 大阪府箕面市に居住する、 マスク配布を希望する妊婦の方
(里帰り出産のため本市に居住する方を含む。)
配布枚数など 1人1回
一人あたり20枚
配布期間 2020年2月14日(金)から当面の間
配布場所 ・箕面市役所別館2階子ども総合窓口:箕面市西小路4丁目6−1
・総合保健福祉センター(ライフプラザ)総合相談窓口:箕面市萱野5丁目8−1
・豊川支所窓口:箕面市粟生間谷西1丁目2−1
・止々呂美支所窓口:箕面市下止々呂美953
※箕面市役所別館2階子ども総合窓口のみ、土曜日も開庁。
日曜日・祝日は、いずれも開庁なし。
参考サイト 大阪府箕面市 市役所ホームページ こちら
問い合わせ先 所属課室:子ども未来創造局子どもすこやか室
電話番号:072-724-6768

必要な持ち物

持ち物 【必須】母子健康手帳
まだお持ちでないかたは、妊娠届のご提出を。
※総合保健福祉センターでは妊娠届は受けつけ不可。

 

配布場所・アクセス・電話番号等<問い合わせ先>

箕面市では4ヵ所の配布場所がありました。

詳しい場所などについて順番に紹介していきます。

 

箕面市役所 別館 2階 子ども総合窓口

箕面市役所 別館 2階 子ども総合窓口箕面市西小路4丁目6−1
電話番号072-723-2121(代表)
配布時間午前8時45分~午後5時15分
アクセス阪急箕面線「牧落駅」から徒歩約7分

 

■総合保健福祉センター(ライフプラザ)総合相談窓口

総合保健福祉センター(ライフプラザ)箕面市萱野5丁目8−1
電話番号072-727-9500
配布時間午前8時45分~午後5時15分
(休館日:土・日曜日、祝日)
アクセス箕面コミュニティバス『オレンジゆずるバス』「市立病院停」下車

 

■箕面市役所豊川支所 窓口

箕面市役所豊川支所 窓口箕面市粟生間谷西1丁目2−1
電話番号072-729-4058
配布時間午前8時45分~午後5時15分
(月曜日~金曜日)
アクセスオレンジゆずるバス赤ルートの「尼谷停」下車

 

■箕面市役所 止々呂美支所

箕面市役所 止々呂美支所箕面市下止々呂美953
電話番号072-739-0355
配布時間午前8時45分~午後5時15分
(閉館日:土・日曜日、祝・祭日)
アクセス阪急電車「池田駅」阪急バス余野行き乗車「止々呂美ふるさと自然館前停」下車すぐ

スポンサーリンク


泉佐野市(大阪府)

対象者(配布条件)・配布期間ほか概要

地域 大阪府泉佐野市
対象者 泉佐野市に住民登録があり、マスク配布を希望する妊婦
※泉佐野市で里帰り出産するため居住している妊婦も含む。
配布枚数など 一人当たり20枚まで
配布期間 2020年2月10日(火)から
配布場所 【すでに母子健康手帳をお持ちの方】
市役所 3階 健康推進課窓口:泉佐野市市場東1丁目295-3【妊娠届時】
下記の2カ所にて配布
市役所 1階 地域共生推進課(母子健康手帳発行窓口)
基幹包括支援センターいずみさの
(市立社会福祉センター〔市内中庄1102番地〕1階 社会福祉協議会内)
参考サイト 大阪府泉佐野市 市役所ホームページ こちら
問い合わせ先 健康推進課
電話番号:072-463-1212(内線2311~2318)

 

必要な持ち物

持ち物 【必須】母子健康手帳

 

配布場所・アクセス・電話番号等<問い合わせ先>

泉佐野市では2ヵ所の配布場所がありました。

詳しい場所などについて順番に紹介していきます。

 

■泉佐野市役所(❶)

・すでに母子健康手帳をお持ちの方→3階 健康推進課窓口

・妊娠届時→1階 地域共生推進課(母子健康手帳発行窓口)

泉佐野市役所泉佐野市市場東1丁目295-3
電話番号072-463-1212
配布時間午前8時45分~午後5時15分
月~金曜日(祝・休日、年末年始除く)
アクセスいずみさのコミュニティバス北回り「泉佐野市役所前停」
下車すぐ

■基幹包括支援センターいずみさの
(市立社会福祉センター〔市内中庄1102番地〕1階 社会福祉協議会内)

基幹包括支援センターいずみさの
(市立社会福祉センター 1階 社会福祉協議会内)
泉佐野市中庄1102番地
電話番号072-464-2977
お問合せ可能時間午前9時~午後5時15分(平日)
アクセスJR阪和線「熊取駅」徒歩13分
コミュニティバス(北・中・南)「社会福祉センター前」下車

 

まとめ

今回は大阪でマスクを無料配布を行っている施設を調査、紹介しました。

以下まとめです。

  • マスク無料配布を行っている場所は「和泉市」「箕面市」「泉佐野市」
  • 該当の市に住民登録があるなど条件あり
  • いずれも妊婦の方が対象
  • 和泉市のみ呼吸器機能に障害がある方も対象
    (住民登録などの条件あり)
  • 妊婦の方の場合は「母子健康手帳」必須
  • 里帰り出産の方も対象
  • 市が行っており、市役所ホームページに情報あり

今回は3ヵ所の市がみつかりましたが今後も同じような無料配布を行う地域があるかもれません。

まずは、あなたがお住まいの市役所ホームページ覗いてみることをオススメします。

 

早くマスクが定価で普通に変える日が訪れると良いですが、それまでは利用できるものは利用し、まずは自分が感染しないこと!

そして、自分が感染することによる家族などへの感染も防止してコロナウイルスが日本にこれ以上広がらないようにしたいですね!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です